リア・ディゾン&中川翔子ら紅白出場へ



話題騒然◆リア・ディゾンプロデュースブランド【SweetRazzor(スウィートレーザー)】

今年の大みそかのNHK「紅白歌合戦」にリア・ディゾン(21)、中川翔子(22)、AKB48の3組が初出場することが24日、分かった。

NHKサイドの説明では、今年の紅白は「歌の力、歌の絆」をテーマにマンネリ打破を目指すとしているが、その切り札としてフレッシュな3組が抜てきされることになった。

週明けにも正式発表される予定だ。

かねてから出場が有力視されていた3組が、視聴率の低迷している紅白に新風を吹かせることになった。

リア・ディゾンは、本国アメリカ時代に自身のHPで公開していたセクシーな姿が、日本のネット上で話題になり、昨年春に来日。

グラビア界の黒船」として一躍人気となった。

今年2月にシングル「Softly」で待望の歌手デビューし、10月の初ライブではきわどい衣装でファンを魅惑したばかり。

大みそかの伝統ステージにもセクシーな黒船が来襲する。

また、“しょこたん”の愛称でおなじみの中川は、6月に発売した3枚目のシングル「空色デイズ」がオリコンチャート初登場3位の大ヒット。

「ギザウレシス」などの“しょこたん語”を駆使したオタクのアイドルから“人気歌手”に仲間入りをした。

父でロック歌手の故中川勝彦氏が果たせなかった紅白出場の夢を果たすことになる。

AKB48は、秋葉原に常設劇場を持ち、毎日公演するという異色のスタイルが話題を呼び、昨年メジャーデビュー。

今年は映画や全国ツアーなども実現させ、人気を秋葉原から全国区に広げたことが評価された。AKBの出場でモーニング娘。が落選する可能性も出てきており、新旧交代劇が起こりそうだ。

今年の紅白は、51年ぶりに男性のみの司会を務めるなどNHKもモデルチェンジを図っている。紅組のフレッシュな3組の登場が視聴率アップにつながるか。

昨年は某男性歌手の裸に見える衣装で、大騒ぎとなった紅白ですが、今年は違った意味?で期待できるような…

(引用:ヤフーニュースヘッドライン)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69848317

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。